小澤さと

  • twitter
  • facebook
  • mail
  • プロフィール
  • ブログ

ホーム » ブログ

ブログ

古い記事

新しい記事

旧正月に夢叶う。

02 Feb 2014

みなさん、改めまして明けましておめでとうございます。

旧正月を迎えましたね!

 

もうすぐポカポカしてくることと思います!

旧正月は、おめでたくアラゲホンジliveで幕開けでした。

 

 

s-iurhgjdf.jpg

 

しかも、あの、あの、伊藤多喜男先生と対バンというね、、、。

伊藤多喜男さんといえば、金八先生でお馴染みのロックソーランや貝殻節、八木節、俵積み唄など、とにかく素晴らしい作品と様々なチャレンジで民謡界や邦楽界を切り開いてきた大先輩であります。

 

リハーサル見させていただきましたが、素晴らしい声でした。

「あっ!CDの人だー!」と、思いました。はい。

 

s-ksdfgie.jpg

 

最近、10年来の禁酒を解禁してしまった私は、live前にお酒を飲みます!

 

s-owfdfg.jpg

 

はっはっー

あー、、、くそー、私の20代を返せ~。こんな美味しいものを知らずに過ごしてしまっただなんて。

 

アラゲホンジのliveは、リリースパーティーから、ちょうど2ヶ月ぶり。

結構長いこと空いてしまったので、「うぉっ、、、おぉぉ、、、、あらら、、あちゃー」という、ちょっと踏ん張った演奏になった気もしなくはないですが、以前に比べるとメンバー同士の信頼感がとても心地よくて、とても良いliveができたのではないかと思いました。

 

アンコールの秋田音頭では、なんと、多喜男さん&TAKIOバンドの皆さんも合流!

さらに、さらに、お客様でいらっしゃっていた鼓童の小島千絵子さんが飛び入りで踊ってくださるという、超豪華編成になりました。

 

多喜男さんの「ヤートセー」の揺れ、響き。そして千絵子さんの軽やかな舞、各バンドメンバーのリミックスの演奏。

 

本当におめでたいな(笑)と思いました。

 

個人的には、10代の頃に、小島千絵子さんの花八丈や、西馬音内盆踊り、津軽の手踊りを見て、舞台の仕事に憧れを抱いての今があります。

 

いつか、ステージでご一緒できたらなー。と思いながら舞台活動を続けていましたが、舞台人として活動をしている頃はそのチャンスに巡り合うことはありませんでした。

 

s-kjdfg.jpg

 

邦楽界や舞台の世界、古典芸能の世界、様々な道を曲がりくねって、今の自分の演奏スタイルや活動スタイルになって、飛び入りという形ではあったけれど、やっとそのチャンスに恵まれました。

 

 

私の、その小さい夢の一つを知っている、和太鼓のいっこう師匠は、もう随分前に「さとが想ってることは、自分の嗅覚を信じて匂いのするほうへ行けば、必ずその通りになる思うわ。ほやからさっさとこっから卒業しいやー。」と言ってくださったのを思い出して、夢が叶ったのに何故だか少しナーバスになりました。

 

なんというか、アラゲホンジもそうだし、島音流もそうだし、そして浜見舞も、今の自分の活動は実はそうなるべくして辿りついていて、そしてそれは、自分が選んできたというよりも、必ずいつも誰かに導いてもらって、気づいたら素晴らしいことになっていた。

 

と、そんな感じがします。

 

去年の秋くらいから演奏にも、人生にもひときわ大きな波があって、どんぶらこっこと心が揺れる日々が続いて、1月に入ってからは「なるようになれー。知るかー。」と、ある意味、開き直っていたのですが、、、、、

とにかく人に感謝して、100%なんてとてもできないけど、できるだけ正直に音楽を続けていこう。

 

と改めて思えた一日でした。

 

今年は素晴らしい幕開けができたので、きっと良い一年になると思います(^^)

 

そして、皆さんにも素晴らしい年になりますように!

 

今年もよろしくお願いいたします。

 

s-kjfbgkjdfg.jpg

 

さと

 

Category : Comment (0) | Trackback (0)

TOP

Comment Form

Trackback

http://saikoro-niijima.lovepop.jp/mt/mt-tb.cgi/286

TOP