小澤さと

  • twitter
  • facebook
  • mail
  • プロフィール
  • ブログ

ホーム » ブログ

ブログ

古い記事

新しい記事

私達、モヤイの島から来ました♪

09 Sep 2011

愛らんどフェア2日目!

 

例えばね、今回別の人でもよかったわけです。

例えば今現在、新島に住んでる人が、「今」の新島を語ったりしたほうがリアルなんです。

 

今回はたまたま私達が応援隊として出ることになったけども。

だから!そうだよ!新島らしいライブを頑張らなくちゃ!と考えた末に相方の創くんが出した結論がこれ↓

s-0.jpg

 

ミニモヤイのオブジェ。

ちっちぇ!

 

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・・

 

ちっちぇ!!

 

思わず2回言っちゃうくらい小さいモヤイと共にトリオとして始まる我ら新島応援隊のライブ!

(因みにこのちっさいモヤイ。創くんの中では偉大な存在なんです(笑)詳しくはこちら→http://ameblo.jp/sou-bee/entry-11012350906.html)

 

 

実は1日目からアクシデントの神様が舞い降りてきたのです。

 

少しでも新島の食べ物をPRしよう!ということで、今新島が力を入れている「新島あめりか芋」先ずはこれを宣伝だ!ということで作った「新島あめりか芋の唄」。実は本番前日に新島ふれあい農園から、「しっかり宣伝してくるように!」と特大ポスターが私のところへ届いていたのです。

s-036.jpg

 

結構なサイズでしょ?

この甘くておいしい白い芋を宣伝するためにね、私は持っていったよ。新宿まで。このポスターをさ。

 

そして、「新島あめりか芋の唄」を披露するときに一緒に掲げようと思ったわけよ。

 

そしたらね、ほんのちょっと目を離した隙にね、誰かが持っていっちゃったみたいなのよ(笑)

 

どうすんのよ?これ持ってってw

 

どこのポスターコレクターの仕業か謎なのですが、とにかく一枚しかないこのあめりか芋ポスターが無くなってしまったわけです。

 

でも無いものは仕方ない。ってことで新島ブースに芋を借りにいったわけ。そしたらどうよ!

新島ブースのクサヤ率95%

 

 

o0480035911469380748.jpg

芋がどこにも無いではないか!!!!

 

すでに歯車が狂いつつある我ら新島応援隊。

 

でもせっかく作った唄だもの。

品物は無いけどやってみよー!

 

ということで一回目のステージで歌ったさ。

 

♪アメアメ あめりか芋! (いも!)

新島あめりか芋!(いも!)

ぼーくは白ーいさつまいも~♪

 

まぁ、こんな感じ。

 

そしたら、あまりのキャッチーさに大変好評だったわけですよ。

 

それでもって「あの芋はどうすれば手に入るんですか???」みたいなお問い合わせまできちゃって。

それはそれで、効果はあったということだから、とっても嬉しかったけど無いものを宣伝するのはあまりよくないよね。という結論に至った私達。

 

急遽、歌詞をクサヤに変換!

 

曲目も「新島あめりか芋の唄」から「新宿の中心でクサヤを叫ぶ」に変更。

 

クサヤを持って唄ってきましたとも☆

 

s-391935107.jpg

 

これ瓶づめのやつね。

 

もうこのテンパリ祭り的で何の段取りも無いところが実にワンダーランドな新島らしくて、もう途中で自分達で面白くなってきちゃった。

 

そんなわけで、ネタは尽きない新島応援隊だったのですが、ラストのステージでは「南風」のフレーズに合わせて、青ヶ島の太鼓ブラザーズや、三宅島の太鼓ガール、そして実行委員のブースからも強烈なおっちゃんダンサーが飛び入りしてくださり、お客さんも合わさって超盛り上げてもらいました!

 

楽しかったー(><)

 

やっぱり私、あーいう光景が好きなんだよなー。

太鼓打ってて一番胸がいっぱいになる瞬間はやっぱりこれなんだよー。

 

太鼓、そして音楽はやっぱり人を踊らせなきゃ意味がない。

 

リズムってみんなで息を合わせないととれないものだもの。

 

伊豆諸島、小笠原諸島、福島からのみなさん、スタッフさん、お客さん。

全ての人が気持ちよく踊れるような太鼓を打てるように、これからも頑張るぞー(^^)

 

あっ!そうそう太鼓といえばね!

青ヶ島の太鼓って普段滅多に聞くことができないのだけど、今日は間近で聞けたのです。

もうね、超かっこいい!

 

グルーヴ感が新島でも、大島でも八丈でも三宅でもない。

青ヶ島の海のグルーヴ感なの。

 

すごく気持ち良かったー。

 

s-03000.jpg

 この太鼓ブラザーズとはもうお友達になったので、次は一緒に太鼓打つんだー!

大島の御神火太鼓さんにも声かけてもらって、こちらも今度お稽古覗かせてもらうことに!

八丈はミス八丈のお姉さんが黄八丈で女打ちをしてて、これは八丈の太鼓ファンにはたまらないと想う。

三宅は今回打たなかったけど、相変わらず熱いわー。

 

 

島の太鼓達。

私は一応、日本の伝統芸能に携わる「プロ」ですからね、痛いほど分かっています。

それがどんなにか複雑で簡単にはいかないこと。

伝統を守ってる人には、それぞれ背負ってるものがある。

それはあまりにも重い役だから。ゆっくり時間をかけて丁寧に動かさなきゃ。

 

でも、でも。

 

いつか必ずやりたいなー。島太鼓スペシャルセッション!

 

絶対に熱いだろうなー。私たぶん号泣するだろうな(笑)

 

それにしても、この2日間、いろんな島の人や、それから島を愛するあまり島人よりも島人らしい写真家のくらりっぱさんとイラストレーターの松鳥むうさん、沢山のお客さんとお話できて楽しかったな。

 

こういう機会を与えてもらったことに感謝。

 

それから結局3ステージとも神津&新島コラボしちゃいました。

私の大事な友達で同級生、そしてリスペクトな神津のアーティスト石野田奈津代に心からありがとう。

 

s-031.jpg

 

そして、今回の相方、ベーシストならぬギタリスト植松創に感謝!

 

o0480064011469395827.jpg

「おれ衣装に着替えてくるから!」って言って、何で「火遊び」って書いてあるTシャツ着てきたのかは、最後まで突っ込まなかったけど何で?

 

今回は本当にたまたま2人だったけど、熱い新島応援隊員はまだまだ沢山いるから、今度はみんなでやろー(^^)

 

 

自分たちにできることで、モヤイの精神(新島では、みんなで力を合わせるという意味)、新島も伊豆諸島も小笠原諸島も、そして日本も元気にするのでーす!

 

だから今日も一日張り切っていこー!

 

 

 

 

 

 

Category : Comment (0) | Trackback (0)

TOP

Comment Form

Trackback

http://saikoro-niijima.lovepop.jp/mt/mt-tb.cgi/202

TOP